映画『ぼくの名前はズッキーニ』世界中の映画祭を席巻した奇跡のストップモーションアニメが、いよいよ日本上陸!

映画『ぼくの名前はズッキーニ』世界中の映画祭を席巻した奇跡のストップモーションアニメが、いよいよ日本上陸!

予告編
公式facebook
公式twitter

ティム・バートンを彷彿とさせるが、
バートン作品にはない甘く切ない
感情表現に成功している。
──THE BUFFALO NEWS

トリュフォー(『大人は判ってくれない』)
気に入るに違いない!
──INDIEWIRE

切なくて心臓がえぐられる!
──THE PLAYLIST


世界中の映画賞を総なめにし、
大人たちの心をわし掴みにした傑作がついに日本上陸!!

第89回アカデミー賞®長編アニメーション部門ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2016では、最優秀作品賞、観客賞をW受賞。フランス最高峰の映画賞である第42回セザール賞では最優秀脚色賞、最優秀長編アニメーション賞を受賞など世界中の映画賞を総なめにする快挙をなしとげ、アニメーション界に旋風を巻き起こした本作。グザヴィエ・ドラン監督がInstagramで祝福するなど話題になり、東京アニメアワードフェスティバル2017では、上映されるやいなや日本公開を切望する声がSNS上を駆け巡り、ついに公開が決定しました。

笑い、泣き、恋を知る。
青空の下、子供たちの声が駆け巡る──。

不慮の事故で母親を亡くした9歳の少年イカールは、母親がつけた“ズッキーニ”というニックネームを大切にしている。同じ年頃の子供が集まる孤児院に連れて行かれ、はじめは馴染めずにいるが、それぞれに複雑な事情を抱える仲間たちと過ごし次第に心を開いてゆく。子供たちが子供らしくたくましく生きていく姿と、それに寄り添う大人たちの何気ない毎日。子供たちにとって本当に大切なものが何かを、観るものの心に静かに訴えかける珠玉の物語です。

年月をかけて丁寧に制作されたアナログな人形たちがみせる、感情豊かなストップモーションアニメーション。近年主流のデジタルCGや3Dとは真逆の、懐かしくも驚きに満ちた、笑いと涙溢れる本作をぜひスクリーンでお楽しみください。